• 社長のつぶやき
    煙突掃除
    2018.11.03

    煙突掃除

    今日は来る冬を迎えるための煙突掃除です。 1年間溜まった煤をかき出します。2時間程度で作業終了。 冬への準備が整いました。 寒い冬でも煙突から煙が出ているのを見るだけで暖かく感じます。 雪の降る夜は楽 …

  • 社長のつぶやき
    《コラム》36 「バスガイド」
    2018.09.28

    《コラム》36 「バスガイド」

     全但バスの一泊二日のバスツアーで黒部と立山へ行ってきた。  豊岡を午前5時に出発して最初の目的地、黒部峡谷鉄道トロッコ電車の始発駅宇奈月温泉まで約8時間のバスの車中である。ここでその長い時間を退屈さ …

  • 社長のつぶやき
    曼珠沙華
    2018.09.24

    曼珠沙華

    彼岸花とも呼ばれるなんとも妖しげなこの花。 名前のとおり、秋の彼岸がくるといきなり咲き出すこの花は 「毒花」「痺れ花」とも呼ばれてあまり良い印象はないが アルカロイドという毒を持っているのでこのような …

  • 風景
    稲刈り
    2018.09.20

    稲刈り

    今年も稲刈りの季節がやってきました。 暑い夏でしたが、水管理をしっかりしたので良いコシヒカリが出来ました。 自分で育てた米を今年1年食すことが出来ます。 田舎の豊かな暮らしを楽しんでいます。  

  • 社長のつぶやき
    奈佐森林公園
    2018.08.03

    奈佐森林公園

    私の住んでいる村には地区が管理する豊岡市立の森林公園があります。公園の運営から管理まで全て地区で行います。 広大な公園の草刈は毎月あります。また、日々の管理は月に一度当番がやって来ます。 6月には市内 …

  • 社長のつぶやき
    薪割
    2018.07.27

    薪割

       冬への準備は暑い時期にします。薪を割って乾燥させる必要があるのです。優れものの斧を買いました。面白いほどに割れます。「薪割たい症候群」になってしまいそうです。

  • 社長のつぶやき
    《コラム》35 「コウノトリ」
    2018.07.03

    《コラム》35 「コウノトリ」

     コウノトリが悠然と舞う町。豊岡市はかつて野生のコウノトリが日本で唯一生存していた町でした。  生息数の減少により1955年から官民一体となって保護運動が始まるも1971年に絶滅。何としてもコウノトリ …

  • 社長のつぶやき
    《コラム》34 「人生フルーツ」
    2018.04.03

    《コラム》34 「人生フルーツ」

     豊劇で「人生フルーツ」という映画をみた。この映画は、愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンに暮らす90歳の夫と87歳の津端夫婦のドキュメンタリー映画である。4万5千人が暮らす大規模ニュータウンの一角に平 …

  • 社長のつぶやき
    《コラム》33 「在来種」
    2017.12.28

    《コラム》33 「在来種」

     粟餅、ぜんざい、落花生豆腐、くりの渋皮揚げ、サツマイモでつくったニッキ餅、キウイ、自然薯を繋ぎにした十割そば、この村(目坂)で採れた材のみでつくった料理を食す会を催した。栽培と調理はもちろん目坂の住 …

  • 社長のつぶやき
    《コラム》32 「収穫祭」
    2017.10.01

    《コラム》32 「収穫祭」

     以前、移住者の話を書いたが、その夫婦が春に植えた稲が実り刈取りの時期がきた。神戸や大阪から友達がやってきて大騒ぎをしながら手で植えた苗が成長して黄金色になり、稲穂が頭を垂れるまでになった。さぁ!刈取 …

  • 社長のつぶやき
    《コラム》31 「城崎温泉ロープウェー」
    2017.06.27

    《コラム》31 「城崎温泉ロープウェー」

     この度縁あって城崎温泉にあるロープウェー山頂駅舎のカフェ改築工事をさせて頂いた。この施設は温泉街の一番奥にある、外湯「鴻の湯」の前にあり大師山山頂まで長さ676m、高低差200m、所要時間7分のロー …

  • 社長のつぶやき
    《コラム》30 「移住者」
    2017.03.21

    《コラム》30 「移住者」

     昨年、私の住む村に神戸から若い夫婦が越してきた。まさかである。住む人がいなくなり、売りに出ている家が確かにあった。しかしその家を買い求めてここに移り住む人がいるとは、ここの住人は誰一人想像していなか …

ブログ検索

アーカイブ