現在進行中の家

敷地いっぱいに建てられた築約20年の家。家の南側に浴室とトイレがあり、敷地の南側には古い蔵と倉庫が建ち、南からの光と風が遮断されている。減築と間取りを変えることで交錯していた動線を整え、明るく開放的な住まいに改築します。

家族構成の変化と共に増改築を重ねてきた築約50年の家には台所と浴室がそれぞれ2ヶ所ある。子供達は独立し、夫婦だけで暮らすには大きすぎる家。この住み慣れた家を小さくし、毎日遊びにやってくるお孫さん達と楽しく過ごせるよう、機能的で快適な家になおします。

住宅密集地にありながら敷地の南側が広く、駐車スペースと庭をつくる余裕がある敷地条件に恵まれた、築約50年の家を改築します。家の間取りは大きく変えず、外構計画を少し工夫することで日常の暮らしに変化をもたらします。

国道沿いギリギリに建つ築90年の家は交通量が多く外部からの視線が気になり落ち着きませんでした。今回慣れ親しんだ家を解体し、道路側に庭をつくることで外の喧騒を遮ります。三世代の家族が静かで落ち着いた暮らしができるよう、家を新築することになりました。