施工事例

新築

ひぼこの森に抱かれて

ひぼこの森に抱かれて

築40年の家を全て解体。
悩みであった湿気、寒いということを解決し、快適で周囲の景観も楽しめる家が完成しました。

所在地 兵庫県豊岡市出石町
主要構造 木造
建築規模 地上2階建
延床面積 128.07平方m
竣工 2014年
構成人員 親、本人、子1人

但馬国一宮として「いっきゅうさん」の愛称で親しまれている出石神社の森とさらに遠くには広葉樹の山並みが見渡せる場所。歴史と伝統を受け継ぐこの地に、ひとつの家族の住まいが完成しました。

家族の一番の悩みは湿気と寒さでした。以前は田んぼだった土地を埋め立てて家を建てたという経緯があり、地盤が湿りやすく、日当たりが悪い間取りだったため冬はとても寒い家でした。

「とにかく日当たりが良くて明るく暖かい家に住みたい」というのが一番のご要望。
そこで思い切って古い家を解体し、建て替えることにしました。

台所と居間

家の建具は全て引き戸

棚にはお気に入りの食器を

湿気と日当たりの悪さは、方角を考えて部屋を配置し、風が通り抜けるようにする事で解決しました。又、床暖房を設置し、気密性の高い大開口の木製サッシにすることで、これまでのような冬の寒さを感じなくなりました。

開放感たっぷり

陽と風が入る

足元を照らす階段

これからは目の前にあるひぼこの森を眺めながら、心豊かに暮らしていただけることでしょう。