“城かべ漆喰”ご存知でしょうか

投稿日:2019.09.19

皆さんこんにちは🍀

唐突ではありますが、
“城かべ漆喰”のことを
ご存知でしょうか?

我が社の現場で
用いられることがあるのですが、
実際の作業の様子をみて
すっかり感動してしまったので
ご紹介させてください☺


こちらが実際の城かべになります。


今回は城かべの特長を
ご紹介したいと思います👀


〇城かべ漆喰と健康

城かべの主原料は
無機質の天然素材を使用しているため
ホルムアルデヒドなどの
揮発性有機化合物が原因となる
シックハウス症候群(頭痛、アレルギー性湿疹等)
の心配がありません。

城かべの主成分である石灰石は
炭酸カルシウムからできており
これらは海中の生き物である
サンゴや生き物の死骸、排泄物が
海底に溜まってできた
水成岩(堆積岩)が主なものです。


城かべ漆喰と住環境

城かべの特長として、調湿効果があります。
その性能により、高温多湿でも
漆喰塗りの土蔵等に収められている
書物や絵画など文化財の
保存状態が良いと言われています。

昔は、押し入れに漆喰を塗ることで
湿気対策をした住宅が多くありましたが
近年は気密性が高く
呼吸しない新建材の住宅が多く、
結露を起こしやすいことから
カビ・ダニの発生による
非健康的な住環境に陥り
問題となっています。


〇城かべ漆喰と防災

火災時に死亡する原因の大多数は
建材の燃焼により発生する煙による
窒息死です。
漆喰は燃えないことから
江戸時代火災の多かった地域の
防火構造の上塗り材として発展しました。
現代でも多く残る土蔵や
城郭に用いられている大壁造の漆喰塗りは
文化的価値のある宝物や
書籍などの貯蔵に利用され
火災から守っています。


〇城かべ漆喰と衛生・リサイクル

城かべの原料は、強いアルカリ性です。
その殺菌効果のため
細菌等の発生を防ぐことができます。
城かべの主成分であるカルシウムは
動物にとっての最も親和性のある
無機材料です。
歯も骨もカルシウムです。

城かべは、天然材料で土に返すことができます。
農業でも消石灰を利用するように
酸性土壌を中和させる効果もあるため
地球に優しい建材です。



…こうして書き出してみると
良い事ばかりです♪

湿気や結露で悩んでいる方や、
健康面が気になる方には
とてもおすすめできますし
姫路城の壁に使われていたり、
長い歴史があることにも
納得できます。

なぜなら理にかなっているからです✨

最近の家の素材を否定はしませんが
こうして日本には素晴らしい
素材と技術があることを
1人でも多くの方に知っていただき、
その上でどんな家に住みたいのか
お考えいただきたいなと思います🏠


長くなってしまいますので
城かべの工程については
また別記事にてUP致します🍀


ブログ検索

アーカイブ