現在進行中の家

引き継がれし大正の歴

この場所に家が建てられたのは大正14年。そこからほぼそのままの形で94年、約1世紀近くが経ち、今回の改築を決断されました。家の中には、ご主人が「もういらない」とおっしゃった建具が。実際に見てみると、本物の木でできた立派な建具でした。「これは残さなければいけない」と思い、この家の歴史ともいえる建具が、1階全体の改築と共に引き継がれます。