現在進行中の家

カントリー最先端

2月下旬

2月下旬

暖冬と呼ばれた今季の冬も、終盤になりました。
新築現場では、蔵の一部が取り除かれ、大工さんが作業を進めています。

蔵を改造できると聞いて、驚く方もおられるはず。
昔からある保管庫くらいの感覚の方も多いと思います。
しかし、蔵を人が暮らす場所にするのは、設計力とそれを実現させる技術が揃っていなくてはなりません。
これからの変化を楽しみにしていてください。

蔵の改造は珍しい事だと思いますが、ベテランの大工さんがいつも通りの手つきで作業を進めています。