現在進行中の家

カントリー最先端

着工式

着工式

暖冬の影響でまだ雪の降らない1月下旬、着工式が執り行われました。
協力業者代表挨拶では、「新築となると色んな夢・想いがあると思います。その夢を形にするのが、協力業者の専門職です。里やま工房で家を建ててよかったと思ってもらえるよう我々一丸となり、しっかりとした家をつくらせていただきます。」と力強い挨拶をいただきました。施主様からは「里やま工房のコンセプト“つづく、家。”が、農業を生業としている私たちとしても素晴らしいコンセプトだと思い、お願いすることにしました。会長・社長を含め、スタッフさんを信頼できると思い、協力業者も地域の方に頼めるというのは安心できると思った。」とご挨拶いただき、一体感のある式となりました。