施工事例

新築

時の融合 ~三世代をつなぐ家~

時の融合 ~三世代をつなぐ家~

国道沿いに建つ築90年の家。車庫として使われていた鉄骨躯体と蔵、先代から受け継いだ庭を残して居住部分は全て解体。柱や梁など構造材は総ヒノキで、木の香りいっぱいの家の完成。

所在地 兵庫県豊岡市
主要構造 木造
建築規模 2階建て
延床面積 234.75平方m
竣工 2017年
構成人員 両親、夫婦、子2人

国道ギリギリですぐ傍に信号機。車の往来が激しく、信号待ちなど外部からの視線が気になって落ち着きません。施主様のご要望は「家業を暫く続けたいので工場を残し、母屋を解体して新築したい」というものでした。

●数年後に家業を辞める
●南側に工場があるため日差しを遮っている
●先代が遺した立派な庭はあれど、それを眺める家のつくりではない
以上を考慮し「次の代を考えて思い切って工場も解体し、敷地条件を最大限に活かして新築しましょう」と提案。

道路側の塀や植栽、窓の高さを工夫し、
信号待ちの何気ない視線をカット

全部引き込み可能で気密性が高く
中と外の音を防ぐ大開口の木製サッシ

南(新しい庭)と北(先代の庭)に窓を設け
自然と風が通り抜ける広がり間取り

今では珍しい雪見障子
旧庭がいつでも眺められる寝室

お風呂以外は別々
気兼ねなく暮らせる二世帯住宅

建具を取り外せば広い空間の誕生
子供部屋を仕切る木製建具

洗面所を兼ねた
奥様にうれしい家事室

国道や神社(参道)の通行人の視線を遮る
南側の新しい庭につくった塀

庭先に縁側を設けることで
より身近に感じる先代が遺した旧庭

解体前の家の鬼瓦を
玄関のオブジェに採用

明るくて暖かな新しい庭。子供用のプールを置いて水遊びしたり、ウッドデッキに腰掛けてご近所さんとおしゃべりしたり、家族で花火を楽しんだり。これからは通りからの視線を気にすることなく、安全で落ち着いた暮らしができることでしょう。