現在進行中の家

ふるさとごはん

1月初旬 仕事はじめ

1月初旬 仕事はじめ

年が明け、今日から再び現場が動き出しました。この辺りでは年末に積もった雪が日陰に残る、寒い1日です。

改築現場では、基礎工事の職人さんにより、コンクリート打ち前の型枠組み作業がすすみます。

現代では考えられないような危なっかしい基礎ですが、この様な状態でも120年という長い年月耐えてきました。木造の家は強いのです!

隅々まで防湿シートを張りめぐらせ、型枠を組んでいきます
朽ちている部分の木材は傷んでいる下部だけをを取り除き、新しい木材と組み合わせる『根継ぎ』という工法によって1本の柱として蘇らせます

基礎工事と並行して行うのが給排水管の引き込み
オレンジ色は給湯の配管です